SNSについて

SNSは楽しい反面、時に疲れてしまうことがあります。それはテレビを延々と見続けて疲れてしまうことに似ているかもしれません。

しかし、テレビと大きな違いがあります。それは、SNSでは誰もが「発信者になれる」という部分です。

発信者になるということは、当然、その発信に対してリアクションがもらえるということです。「リアクションがある=コミュニケーション成立」ということになり、人と人とのつながりが希薄になりがちな私たちに喜びを与えてくれます。

炎上だとか、曝しだとか、問題も多いSNSですが、人間関係にデリケートなセンスをもった現代の私たちには必要なツールなのかもしれません。実際にリアルの世界でつながっていなければ、何となく気まずくなったらSNSを辞めさえすれば、すぐに縁を切ることが出来てしまうのです。

明日も、SNSを上手に使って、この世界に小さな愛の光を灯したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です